アパート経営関連情報

HOMEアパート経営で大事な入居率とは

最終更新日:2017/11/20

アパート経営で大事な入居率とは

高層アパート

アパート経営をするうえで、経営者が一番考える必要がある事が入居率です。
アパート環境がどれだけ良かったとしてもアパートに入居してくれる方が居なければ利益に繋がりません。
アパート経営で入居してくれる確率をあげるために意識するのであれば、全部屋埋まっている事が理想的です。
空室が多くなるほど損失が大きくなるので、オーナーがいかに入居率にこだわった経営手法を行うかが肝になります。
アパート経営で入居を高める方法やコツはいくつかあります。
1つが、アパートの内装を改修することです。
近年のアパートでは最新設備が導入されている、デザイン性が高いアパートが好まれる傾向にあります。
ですので、見た目が汚かったり、古い印象を与えるアパートでは広告で見た段階で入居意思を削いでしまう可能性があります。
改修による入居率の改善効果は、高いですが改修にかかるコストが非常に高い事がネックです。
次に、仲介してくれる不動産会社をしっかりと見極めることです。
既にアパート経営を行っており入居率が低い方は、契約している不動産会社に問題があるかもしれません。
仲介してくれる業者によって、営業マンのスキルが異なってくるため会社全体で判断するのではなく、会社で働いている営業マンに着目することも非常に重要となります。
アパートを経営するのはオーナーですが、入居してくれる人を捕まえるのは不動産会社の営業マンです。
ですので、腕利きの営業マンが多数働いている不動産会社と契約する事が入居率向上の足掛けとなるのです。
また、入居率を上げるだけにこだわってしまってはアパート経営は、成功しません。
入居率の向上と共に、長期間にわたり住んでもらう必要があります。
アパートの家賃は月額で払われるシステムのところが多いので、年単位で住んでもらわなければ、大幅な利益を上げるのは難しくなるでしょう。
長期で住んでもらう為には、住居者に対するパフォーマンスを高める必要があります。
アパートは、複数の人々が身近な空間で過ごす場になるので些細なトラブルが多々発生するでしょう。
そのような相談や悩みに、迅速に対応し改善につとめていく事が大切です。
また、アパート全体の清潔感を保つことも重要なので、ごみの管理などをしっかり行うようにしてください。
今回紹介した事の他にもアパート経営で入居を高めるコツや、長期住居してもらう方法はたくさんあるので、多くの経験を積んで失敗しないアパート経営を行っていきましょう。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP