アパート経営関連情報

HOMEアパート経営をする時のおすすめエリアとは

最終更新日:2017/11/20

アパート経営をする時のおすすめエリアとは

男性と女性

アパート経営でエリアはとても重要な要素です。
例えば、新築で南向きの角部屋で間取りも完璧というくらい、どれだけ素敵な部屋でも、アパート自体が最寄り駅から徒歩で1時間以上離れていたり、治安が非常に悪い地域に建っていたりすると、その時点で住みたいと考える人が少なくなってしまいます。
アパート経営における大きなリスクの1つが空室ですので、入居を希望する人が少ないとその空室になるリスクが増えてしまい、アパート経営自体が危ういものになってしまいます。
では、アパート経営のエリアを考えるときには、どんなことに注意して選択すると良いかと言いますと、代表的なものとして、「交通の利便性」、「治安の良さ」、「周辺の施設の充実」の3つのポイントがあります。
まず、「交通の利便性」について、これは上記で例えにも挙げましたが、アパートから最寄り駅までの距離が遠く離れているのではなく、徒歩5~10分程度であることや、電車を利用するとしても、主要な駅の近くまたは、主要な駅まで乗り換えなしで行けるのかなどの要素も大きいです。
アパートに住む人は一人暮らしの場合、学生さんだったり、会社勤めをされている人だったりすることが多いので、通勤、通学時に電車を利用する人が多いと思われます。
また、最寄駅から離れていてもバス停が近くにあるなどの場合は、駅まで徒歩30分などの距離にあっても需要は増えますが、その分アパートの物件の家賃を下がる傾向にありますので、収益としては少なくなってしまう場合があります。
次に、「治安の良さ」ですが、これは物件周辺の犯罪率が関わってきて、犯罪が多いと言われるエリアは敬遠されてしまいます。
さらに、実際の犯罪などの数だけでなく、そのエリアの評判も大きく影響しますので、入手する物件があるエリアの治安状況については、しっかりと確認することが大切です。
最後に、「周辺の施設の充実」もとても重要なポイントです。
主要な駅まで乗り換えなしで行ける駅から徒歩3分で犯罪もまず起こらないという地域であっても、その駅以外にアパート周辺に何もないとなると、とても不便に感じてしまい、あまり住みたいと思われません。
駅の近くに大型の商業施設があったり、コンビニや24時間のスーパー、その他飲食店がたくさんあったりすると、仕事帰りなどに買い物してから帰ることもできますし、休みの日もわざわざ遠出せずに家でゆっくり過ごしやすいというメリットがあるため、物件周辺の施設などの充実が大きく影響します。
このように、アパート経営はエリアによって決まると言っても過言ではありません。
これからアパート経営を始めようと考えられている方は、物件の内容よりもまずは人気のエリアを探してみてはいかがでしょうか。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP