アパート経営関連情報

HOME人気のアパート経営で収益を上げるなら

最終更新日:2017/11/20

人気のアパート経営で収益を上げるなら

赤い屋根の家の模型

「不労所得」という言葉を耳にするようになって久しくなりました。
不労所得には様々な形態がありますが、一番メジャーなイメージしやすい不労所得と言えば、アパート経営ではないでしょうか。
アパートを一棟購入し、そのアパートに入居する方からの家賃収入を得るという方法です。
アパート経営と聞くと、一部の富裕層の方だけが行えることだと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではそんなことはありません。
一般企業にお勤めになられているサラリーマンの方が、アパート経営で収益を上げていらっしゃるということも多くあります。
アパート経営は思い立てば誰でもチャンスがあるので、近年その人気を高めているのです。
アパート経営を行う上で気を付けたいのは、いかにコンスタントに収益を得ていくかで、アパート経営は何もアパートを購入すれば自動的に収益が約束されるというものではありません。
先にも申し上げた通り、アパートの入居者が家賃を納めてくれることによって、初めて収益が上がってくるのです。
従ってアパート経営の収益は、入居者の有無にかかっていると言っても過言ではありません。
アパートの共有スペースを清潔に保つであるとか、入居者の水道やガスのトラブルなどにも迅速に対応しなければなりません。
最近では物件の口コミなどもありますので、少しでも怠慢な応対をしてしまうと、悪い評判を流されてしまうかもしれません。
アパート経営をされているほとんどの方は、アパート管理会社と契約し、上記のようなアパートに関わる様々な対応を依頼しています。
アパートの管理はアパートのプロに任せれば安心です。
ただ、どうしても入居者の転勤や引っ越しなどによる空室リスクは付きまといます。
空室になればその分の家賃収入が減収になってしまうので、アパート経営に直接影響を与えてきます。
しかしながら裏を返せば、空室リスクをあらかじめ考えた上でアパート経営をすれば、順調に収益を挙げられるのです。
具体的にいえば、空室リスクが高まる時期として有名なのは3月です。
3月は各企業の人事異動などが多くなる時期で、転勤になる方などはアパートを退去することは止むを得ません。
それを見越してすぐさまメンテナンスし、空室募集をかければ入居者も早く見つかり、空室リスクを最小限に抑えられるのです。
アパート経営で収益を上げるには、目先の利益はもちろん重要ですが、1年先2年先を見越したリスクに対する対策も同じくらい重要になってくるのです。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP