個別配布チラシのメリットとデメリット

個別配布チラシを考えているときには、それぞれのメリットとデメリットをよく考えておく必要があります。良い部分だけを見て悪い部分を見落としてしまうとあとになって問題点に気がつき大変なことになってしまうこともありますし、その逆に悪い部分にしか目が行かなければせっかくの効果的な宣伝のチャンスを逃してしまう恐れがあります。個別配布チラシの大きな利点としては高い効果を期待することができるというものがあり、見込み客だけにチラシを配布することで無差別に配布をするよりも高い反応を得ることができます。一方のデメリットとしては準備に手間がかかるということであり、どこにどのような見込み客がいるのかということを調べなければならないので時間やお金がかかってしまうという欠点があります。

個別配布チラシは反応が大きいのが特徴

個別配布チラシというのは配布する相手を絞るので、その分だけ反応が大きいのが特徴となっています。相手を選ばずに配布をした場合、興味を持ってくれるという人はほんの一握りとなってしまいます。更にそこから売上につながるというのはかなり低い確率となってしまうわけですが、個別配布チラシの場合にはある程度最初の段階で興味を持ってくれそうな相手を対象として配布をするわけですから、闇雲に配布をする場合と比較をしてかなり高い効果を期待することができます。つまり効率がいいのが個別配布チラシの最大の魅力となっているので、無駄のない宣伝活動をすることができます。そのため、効率的な宣伝方法がないかと考えているのであれば手始めに個別配布チラシを選択してみると目的を果たすことができます。

手間がかかるのが個別配布チラシの欠点

個別配布チラシの欠点としては、手間がかかってしまうというものがあります。実際に配布する段階まで行けば効率的な宣伝をすることができるわけですが、配布をする対象を絞り込んだりどこにどのような見込み客がいるのかということを調べるのは手間がかかってしまいます。相手を構わずに配布をする場合には、特定のエリアで何も考えずに配布をすればいいだけですからチラシさえ完成すればすぐに配布をすることができます。しかし、個別配布チラシの場合にはどのような相手に配布をするのかということを決めてから、配布する対象がどこに住んでいるのかということを調べ、更にそれらの相手にうけそうなチラシを制作しなければなりませんから、相手を選ばずに配布をするものよりもずっと手間がかかってしまいます。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし