なぜ個別配布チラシの効果が高いのか説明します

宣伝方法として一番身近なものがチラシです。より多くの情報を詰め込める上に、目玉の情報と一歩踏み込んだ情報などを文字の大きさや配置によって効率よくアピールできるのも魅力です。しかし、最近は新聞を取らない人が増えており、チラシの配布方法にも工夫が必要になってきています。しかし、チラシはちょっとした時間に見ることができる、店を知るきっかけにもなる、片手間でも見てもらえる気軽なツールとしての威力は変わりません。そこで今の時代に合わせたチラシの配布方法として個別配布が重要になってきます。個別配布にするだけでも無駄がなくなり、ピンポイントに訴求ができるようになるので来店や売り上げにもつながってきます。どんな点が魅力なのかを知ると、それに合わせた工夫もできて効果も高まります。

ターゲットを絞れるから反応が出やすい

チラシは身近な存在である代わりに、よくあることとして興味がない内容なら存在が薄れてしまうのがデメリットです。そこで自分と関係がある内容、興味を持ってもらえるチラシであることが重要です。そのためには対象としている地域や年代、生活スタイルの家庭にだけ配布できれば、ロスが少なくなり反応率が高くなります。例えば若い世代にアピールしたいなら単身者用のアパートやマンションなどを中心に、住宅関連なら賃貸住宅にだけ配布すればいいわけです。全く関係のない、購入につながる可能性の少ない方は避ける方が効率的です。個別配布チラシにはこのようなピンポイントでターゲットに訴求できるメリットがあります。そのため見てほしいところだけに個別配布チラシを配る方が、その後の反応につながりやすくなるのです。

個別配布チラシで無駄なコストもカットできる

興味を持ってもらって将来の売り上げにつなげたり、実際に来店利用してもらうのがチラシの目的です。しかし、関係のないターゲットにまで配ってしまってはそれだけチラシの量も必要になってしまいます。すると、反応率は悪いのにチラシ制作には多くの時間とコストがかかるという非効率になってしまいます。それを解決するのが個別配布チラシです。配るターゲットを絞ることで制作する枚数も抑えられます。しかし、利用してもらえる確率が高いところへアピールはしっかりとできるので、チラシの枚数が少ないからと言って反応も少ないということにはなりません。また、個別配布チラシを活用すれば、一定の条件のお客様に絞れるだけではなく、この地域にはこのようなターゲットが住んでいるなどの情報収集にも役立つので将来のマーケティングにもプラスになります。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし