個別配布チラシとは一体何なのでしょうか

個別配布チラシの従来のチラシとの一番の違いは、ピンポイントで狙った消費者層に行き届くという部分です。チラシという言葉は、本来「パッと散らす」という意味から来ているもので、不特定多数に向けて作られた広告を、街頭配布や新聞などの折り込み広告で消費者の元へ届けるのが従来のやり方でした。しかし、近年はインターネットの普及や新聞購読者数の減少により、従来の方法の効果が少しずつ薄れるにしたがって台頭してきたのが、いわゆる個別配布やポスティングというやり方です。これらは、ある程度ターゲットを絞って配布されるチラシで、近年では折り込みよりも効果が高いという声が聞かれるようになってきた配布方法です。ここでは、改めて個別配布チラシのメリットを考えていきましょう。

折り込みではカバーできない世帯にまで届けることができる

そもそも個別配布チラシが台頭してきた一番の要因は、テレビやラジオ、インターネットの普及による新聞購読者数の減少です。昔は、情報はお金をかけて求めるのが当たり前の時代でしたが、今ではほぼ無料であらゆる媒体から情報を集めることができます。そんな世相を反映して、新聞を定期購読する層が減少しているのでしょう。これに従って、新聞に入れる折り込み広告では、対応しきれない世帯が増える結果となりました。個別配布チラシは、こうして漏れてしまった世帯にも、くまなく広告を届けることができる方法なのです。また、個別配布チラシの多くは直接ポストに入れられることから、例えばクリアファイルに挟んだり、ノベルティと一緒に届けるなど、より手にとってもらいやすい工夫を施すことも容易になりました。狙った地区の全ての世帯を網羅できるのは、大きな魅力ですね。

ターゲットを絞ることで、印刷費用も抑えられる

個別配布チラシは、その名の示す通り、もっとピンポイントな形で活用することもできます。例えば従来の顧客限定というサービスや、お店の半径数キロ以内の世帯限定というように、配布するターゲットを極限まで絞ることができる場合は、不特定多数に配布するチラシに比べて印刷費用を軽減できるというメリットもあるでしょう。集団よりもパーソナルが重視されるようになって久しい現代、チラシもまた、「誰でもいい」という曖昧なアプローチよりも、ピンポイントに訴求するような情報が好まれるケースも増えてきました。これからの時代は、多くのメリットを包括した個別配布チラシがさらに増えてくることでしょう。現代では、ポスティング専門の業者もたくさん存在しています。自社のPRに迷ったときは、一度個別配布チラシを活用してみると、さらに市場を知るきっかけができるかも知れません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし